高い年収を目指すなら、人の気持ちを読み取るコミュニケーション能力が必要です。

MENU

給料・年収

 

不動産コンサルタントのお給料

 

ここでは気になる不動産コンサルタントの年収についてまとめます。
難しい試験に合格した後、どれだけの収入が手に入るのかは気になるところです。

 

不動産コンサルタントの平均年収ですが、600万円~800万円となっています。

 

転職サイトの年収情報を集めると、企業による差はあれど月収35万円~60万円が条件として提示されています。

 

大企業なのか中小企業なのか、あるいは個人事務所なのかによって年収は大きく変わります。
都心にあるのか地方にあるかでも年収に差があるのは言うまでもありません。

 

月収35万円と聞くとやや少ないような印象を受けるかもしれませんが、ボーナス支給を考えるとそこそこ高くなります。

 

年収は600万円近くになりますし、成果報酬として月給がプラスされる会社も多いでしょう。

 

20代前半でも500万円台の年収を得られる可能性があり、頑張ればその分報酬が増える仕組みなのは不動産業界ならではです。

 

年収のピークは40代後半~50代にかけてで、700万円~900万円が平均年収になります。
これらはあくまでも平均なのを考慮しておきましょう。

 

当然ですが、個人事務所の社長をやっていれば1000万円を超える年収が得られます。
成果報酬がある企業でバリバリ働けば、月収200万円以上も夢では無いのです。

 

これはレアケースとなりますが、30代後半で年収1億円を突破したカリスマも存在しています。年収1憶ともなると一部の限られた人になってしまいますが、数千万を稼ぐ人は少なからず居るでしょう。

 

地域や住民の多さなどの条件はありますが、世間一般の平均年収は大きく上回ります。

 

一方で、不動産コンサルタントでも稼げない人は居ます

 

年収300万円台の人もおり、そうした人は利用者の相談をうまく解決出来ない問題を抱えています。

 

試験を突破する知識や熟練した知識があっても利用者の気持ちに寄り添って解決案を提示できなければ意味がありません

 

知識と技能よりも大事なのが人の気持ちを読み取るコミュニケーション能力でしょう。
不動産コンサルタントで高い年収を目指すなら、頭の片隅に置いておくようにしてください。

 

不動産コンサルタントになるにはどうすればいいのか?