先進国では、不動産コンサルタントはかなり重要な位置付けになっています。

MENU

不動産コンサルの歴史と海外事情

 

不動産コンサルタントの歴史は1993年から始まりました
マンション建設が盛んになり、不動産のニーズが多様化したため誕生したのです。

 

当時はただアドバイスをするだけの存在でしたが、現代ではかなり高度な専門性を持つようになっています。

 

一般的なアドバイスはネットから簡単に入手できる時代なので、より根深い問題解決が求められるのです。

 

1995年には約17000人の不動産コンサルタントが活躍していました。
面白いことに、2016年の3月時点でも約17000人の不動産コンサルタントが存在しています。

 

毎年、数百人から1000人程度が技能試験に合格しているのに、職業としている人数は変わらないのです。

 

日本での不動産コンサルタントの人口

 

不動産の価値や常識は時代に合わせて変わり、ライフスタイルと不動産の関係は多様化を続けています。

 

こうした変化を敏感に読み取り、時代に合わせた進化が出来ない人は生き残れない職業だと言えます。

 

人は自分の中に価値観を持っていますが、不動産コンサルタントは相手の価値観に合わせなければいけません。

 

洋室を求める人に和室の魅力を語っても噛みあわないのです。多様化するニーズを理解出来なければ、利用者の悩みも問題も解決されず成約には至らないでしょう。

 

そうした不動産コンサルタントですが、海外の事情はどうなっているでしょうか?

 

国によって様々な違いはあるものの先進国では、不動産コンサルタントはかなり重要な位置付けになっています。

 

不動産コンサルタント事業が発展しているアメリカ

アメリカでは10兆になる不動産コンサルタント事業が、日本ではまだ3000憶円の市場なのです。

 

これだけでも海外との温度差を感じられるのではないでしょうか。

 

不動産コンサルタントは日本国内でしか活動してはいけないという決まりはありません。
海外の不動産を扱う仕事も増えていますし、途上国との連携も増えています。

 

世界から見れば日本の不動産コンサルタントの市場は小さいですが、今後拡大する未来はあるのです。

 

不動産コンサルタントは利用者の人生を潤すアドバイスを行い、人の幸せを願う素敵な仕事なのではないでしょうか。