数日間の短期集中セミナーでは、知識として抑える部分を重点的に学ぶことが出来ます。

MENU

専門学校・教育機関について

 

不動産コンサルタントを目指すなら具体的に何をすれば良いでしょうか?
様々な知識を持っていなければ資格を得るのは難しいのですが、道筋は漠然としています。

 

そこで、不動産コンサルタントになるサポートをしてくれる専門学校や教育機関についてまとめたいと思います。

 

不動産コンサルタントの養成学校はないと説明する女性

まず最初に触れておきたいのは、不動産コンサルタントを養成する専門学校はありません

 

不動産コンサルティングマスターの資格は、一級建築士や不動産鑑定士など、他の職業を経験した人のみ得られる資格です。

 

他の資格を得ずに、いきなり不動産コンサルの資格を得ることは出来ないのです。

 

実務経験も5年必要になるので、不動産コンサルタントを目指す人は地道な活動をするのが良いでしょう。

 

教育機関ですが、こちらについては様々な支援があるため活用できるものは多いです。
例えば、不動産コンサルティングの基礎教育セミナーが開催されています。数日間の短期集中セミナーですが、知識として抑えて置く部分を重点的に学ぶことが出来ます。

 

他にも、不動産コンサルティング技能試験合格コースト称した講座も開催されています。
試験対策のテキスト販売から過去問題とそれに対する解説をまとめた資料ももらえます
自宅で学習するタイプもあれば、希望に応じてプロからアドバイスを受けられる講座もあります。基本的に自主学習となりますが、教材が揃っている点では他よりも役立つでしょう。

 

教材は全国どこからでも購入可能ですし、講座の申し込みもWebから行うのが一般的です。
ただし、セミナー等は都心部に限られているので参加したい人は場所を確認してみましょう

 

不動産コンサルティング技能試験に合格するのはかなり難しいです。
合格率が約50%ほどなので油断は出来ないでしょう。
どのように勉強すれば良いか迷うことも多いので、教材等の道標を持っておくのは大切です。

 

過去問題の対策や分野別の専門解説、基本知識の底上げ、やることは尽きません。
不動産コンサルタントを目指すなら各種教材を利用してみましょう。